できるだけ長持ちさせて調理器具を使いたい

使用上の注意と手入れを把握する

テフロンのフライパンを使う方が増えていますが、日ごろのお手入れと共にその使い方に注意が必要です。
空焼きをするとこのテフロン加工の劣化が早くなるので気をつけましょう。
また金属のへらやお玉だと傷がついてしまい錆びなどの原因になり、結果、調理器具の寿命が短くなります。
テフロン加工はデリケートなので、汚れを取る時にもたわしなどでごしごし落とさないのがポイントです。
鉄のフライパンの場合は洗う時に洗剤を使わないのがポイントです。
油を料理で使うので洗剤を使いたくなりますが使わないように注意をしましょう。
鉄は水分があるとさびやすいので使用後は早めに水気をとる事で長持ちします。
このようにそれぞれの特徴に合わせた手入れがポイントです。

手入れをすると調理器具のコスパが良くなる

日ごろの手入れを小まめに行ったり、丁寧に取り扱う事が調理器具を長持ちさせるポイントです。
柔らかいスポンジで優しく洗う事で調理器具に傷がつくのを防ぎ、腐食を防ぎます。
研磨剤の入った洗剤を調理器具を洗う際に使うのは避けた方が良いです。
料理の種類別に鍋やフライパンを使い分けるのは手入れを簡単にし、これらの料理器具を長持ちさせる秘訣です。

特によく使うフライパンや鍋などのアイテムはいくつか購入して使い分けをしましょう。
用途に応じて使い分けると、手入れも楽になる上にかなり長持ちします。
無理な使用をしない事で焦げ付きや傷などの劣化が少なくなります。
普段のちょっとした工夫で調理器具の手入れが楽になり、長持ちさせられます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る