どのくらいの頻度の手入れが長持ちをするポイントか調べる

調理器具は日ごろの使い方が大切

正しい調理器具の使用方法と手入れをする事でかなり長持ちをします。
基本的に金属製のものは水気があると錆びの原因になるので水滴などが当たらない場所に保管する事が大切です。
包丁は切れ味が悪くなったら研ぐ習慣を身につけると長く使えます。

また熱湯に弱いなど刃物の特性を知っておくと調理器具が長持ちします。
刃物を熱湯やガスの炎で消毒すると良いと判断するのは間違った手入れです。
場合によっては鋼がだめになるので気をつけたい行為になります。

錆が出た場合はその箇所だけクレンザーで汚れを落としますが、大根のしっぽにつけて磨くとより効果的です。
調理器具を長持ちさせるなら、大根のしっぽは便利な手入れ道具になりますので、活用しましょう。

捨ててしまう前にもう一度手入れをする

ひのきのまな板で気になる黒く汚れた個所。こうした汚れは手入れをすると綺麗になります。
使用した後は塩とたわしで綺麗に水洗いをした後に乾燥させるのがポイントです。
塩で洗うことで雑菌の繁殖を防ぎ表面が黒くなるのを防ぎます。
木材の中でもひのきは比較的にその性質上カビが繁殖しにくいですが、必ず風当たりの良い場所に置きます。

もし黒くカビが繁殖した場合は漂白剤を使用するか市販の紙やすりで磨きます。
購入したメーカーによっては、削り直しがひのきのまな板の場合は可能です。
紙やすりなどで解消しない場合は、相談をすると綺麗に仕上がるので良いです。
プラスチックと異なりある程度の価格はしますが、木製なので手入れをしっかりするとかなり長持ちします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る