包丁やフライパンの手入れ方法

調理器具は使い始めが肝心

色々な種類の調理器具がありますが、購入後の使い始めを丁寧にするとその後が変わってきます。
わからないことがあれば販売したスタッフに相談をしましょう。
専門のお店であれば正しい手入れの方法を教えてくれます。
最近はサイトでアイテムや素材別の手入れ方法が紹介されているので、できるだけ読んでおくのがポイントです。

購入する時に自分が手入れをしやすい素材の調理器具を購入する事でその後が楽になり、長持ちする可能性があります。
例えば中華料理が多いなら中華専用の調理器具と、その商品ごとの手入れが適しています。
どのような調理を多くするかによって、これらの選び方や調理後の手入れが変わるので調理器具は慎重に選びましょう。

家にあるもので手入れが出来る

調理器具の中で気になるやかんの湯あかは、濃い塩水を口まで入れた後に酢少々入れて一晩置きます。
翌日水ですすぎ洗いをすれば手入れは完了です。
ミキサーの掃除をする時には卵の殻を使います。
ミキサーに卵の殻をいれて粉砕した後に水で洗うと手入れが簡単にできます。

手軽なので人気があるアルミ鍋の黒ずみを取るのに、りんご又はレモンを使うと良いです。
フライパンの油汚れは出がらしのティーパックで拭くと綺麗になりかなり便利です。
皮むき器は歯ブラシに洗剤をつけて掃除をするのが楽です。
よく使うキッチンばさみが切れなくなったらアルミはくを何回か切るとこうかがあります。
お金をかけずに手軽に出来るお手入れを日ごろから行う事で調理器具が長持ちします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る